虫歯よりも歯周病のほうが危険

大人になってから虫歯になるということはないのですがこの前久しぶりに
歯医者に行ったところ歯周病になっていると言われました。正直虫歯が
なくてホッとしたわけなのですが見方によっては虫歯よりも歯周病の
ほうが厄介な病気みたいですね。実際に歯を失う原因として虫歯よりも
歯周病のほうが圧倒的に多いみたいですし、何よりも歯周病になると
歯を支えている歯槽骨という部分が溶かされてしまうみたいなのですが
この歯周病によってグラグラになった歯を治すことはほぼ不可能みたいです。
せいぜいできることは歯周病の進行を止めることだけみたいなので
ガンじゃないですけど早期発見というのは大事になってくるんですね。
そう考えると偶然に歯医者に行って歯周病だと言われたのはラッキー
だったのかもしれません。自覚症状がほとんどないので気が付かないだけで
日本人の8割が歯周病になっていると言われていますから自分には関係
ないと思わずにたまには歯医者に行って診察を受けるのもいいかもしれませんね。

このブログ記事について

このページは、authorが2013年3月15日 16:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「堕落した生活」です。

次のブログ記事は「髪の毛のダメージについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2