2013年11月アーカイブ

歯ぎしりは治るのか?

昔から噛みしめる力が強いということはなんとなく自覚していたわけなのですが
そのせいで夜寝ている時に歯ぎしりをしてると言われたので生まれて初めて
マウスピースをしたまま寝るという体験をしています。そうすると歯ぎしりで
歯が削れてしまったりすることを防ぐことができるのだそうです。
最初は気になって気になって全く眠れなかったのですが最近になってようやく
少しは眠れるようになってきました。とはいってもいまだに寝付きは悪いです。
それとマウスピースをして寝ると必ず寝ている時に何かを噛んでいる夢を見て
目が覚めて「あっ、マウスピースか・・」というシーンが多くなっています。
まあ仕方ないと言えばそうなのですが一体いつまでこの状態を続ければいいのか
調べてみるとマウスピースをして寝ることは歯ぎしりによって歯が削れるのを
防ぐという役割であって歯ぎしり自体を改善するためのものではないみたいです。
どうすれば歯ぎしりを治すことができるのかはハッキリとしていないんですね。
まあ原因はストレスだとか言われているのでなるべくストレスを感じないように
生活をしながらいつの日かこれが治る日が来るのを待つしかないですね。

気付けば夜型

睡眠のサイクルというか人間というのは朝に起きて夜に寝るというのが言ってみれば
一般的になっているわけですが、どうしても自分の体はその生活パターンが苦手な
ようで自然と眠くなるのに合わせて生活をしているとすぐに夜型人間になります。
本来人間は夜に活動して昼間は寝ている夜行性なんじゃないかと思うほど夜は
活発的になって朝になると眠気がピークに達します。自分の好きなパターンに
合わせて生活することが許されるのであればそれでもまったく問題がないのですが
生活をしていく上でそんな好き勝手なパターンにはなれないわけでして、
大抵は何か用事の度に昼型に戻さなくてはいけないわけです。まあ普段の生活は
夜型で問題ないのですが何か手続き系になってくるとそういうわけにはいきません。
最近で言うと引越しをしたばかりなので住民票の手続きとかするのに昼間に動かなければ
いけませんしインターネットの開通も昼間じゃないとできないわけです。
まあこういうのは一時的なものなのでちょっと我慢すればいいのですが銀行とか
郵便物を受け取るのとかは夜中で良くないか?と思ってしまうわけです。
まあ利用者の勝手なわがままなのですが夜間にコンビニとかのATMを使うと
手数料は取られるし、せっかく寝むりかけた朝っぱらに宅配便とかが来るたびに思います。
不眠症 改善 対策

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2