歯ぎしりは治るのか?

昔から噛みしめる力が強いということはなんとなく自覚していたわけなのですが
そのせいで夜寝ている時に歯ぎしりをしてると言われたので生まれて初めて
マウスピースをしたまま寝るという体験をしています。そうすると歯ぎしりで
歯が削れてしまったりすることを防ぐことができるのだそうです。
最初は気になって気になって全く眠れなかったのですが最近になってようやく
少しは眠れるようになってきました。とはいってもいまだに寝付きは悪いです。
それとマウスピースをして寝ると必ず寝ている時に何かを噛んでいる夢を見て
目が覚めて「あっ、マウスピースか・・」というシーンが多くなっています。
まあ仕方ないと言えばそうなのですが一体いつまでこの状態を続ければいいのか
調べてみるとマウスピースをして寝ることは歯ぎしりによって歯が削れるのを
防ぐという役割であって歯ぎしり自体を改善するためのものではないみたいです。
どうすれば歯ぎしりを治すことができるのかはハッキリとしていないんですね。
まあ原因はストレスだとか言われているのでなるべくストレスを感じないように
生活をしながらいつの日かこれが治る日が来るのを待つしかないですね。

このブログ記事について

このページは、authorが2013年11月25日 14:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気付けば夜型」です。

次のブログ記事は「切手の金額」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2