2015年7月アーカイブ

悪くないのに罪悪感を味わう

BBQをこの前したのですが、大人だけじゃなく子供もいたのでより賑やかな雰囲気でみんな楽しく過ごしていました。
しかし、子供が投げたボールがテーブルのコップに当たり見事に中身が自分にかかってしまったのです。
大半は柄で覆われているとはいえ白地の洋服だったので周りが焦っていました。
自分はそういう事もあるだろうと呑気に借りたタオルで拭いていたのですが、やはりボールを投げた子供は謝らなければいけない訳です。
まだ、3歳なので躾真っ盛り。
予想はしていたけど謝らず愚図りました。
今にも泣きそうな雰囲気にこっちは居心地が悪かったです。
だからと言ってこっちが謝る訳にもいかず微妙な空気が暫く続き段々申し訳なくなってきて罪悪感に苛まれました。
結局、お母さんにごめんなさいしてと言われ謝ってくれました。
自分はいいよと頭を撫でたのですが、その後少しの間警戒されてしまい子供好きなのでなんとなく凹んでしまいました。
そして、躾って本当に大変なんだなって思いました。
良い子に育ってくれるといいなと第三者は人任せに勝手に願うだけなのでした。

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2